2100到達構築の方と同様対ドランを意識した瞑想身代わりテテフ+ガルミミから組んだ。
テテフは一般的なポリ2やナット入りも崩せる。割とガッサにも対面勝てる。

カバルドン ゴツメ
地震 氷牙 欠伸 怠ける
215-132-187-×-93-68

リザードン メガY
放射 ソラビ めざ氷 ニトチャ
175-×-112-209-136-138

ガルーラ メガ
捨て身 グロウ ほんち 不意
195-192-121-×-122-138

ミミッキュ ミミZ
影 じゃれ 呪い トリル
151-140-122-×-126-120

ゲッコウガ タスキ ※激流
手裏剣 波乗り 悪波動 挑発
147-×-87-155-92-191

カプ・テテフ 格闘Z
サイキネ 気合玉 瞑想 身代わり
145-×-95-182-136-161

vsはじめしゃちょーさん
ガル/ミミ/ゲコ
ギャラが重すぎるから先に積んどこうとした初手に来て泣いた。 怯んだら負けてた。

vsヒロシ(ロバート山本)さん
ガル/ミミ/ゲコ
ライバロリさんがルカリオを使う方なので、ガルーラは出せないと思い、本当は初手キュウコンに勝てるリザY+ガブケアのミミッキュで出したかったが番組の仕様上中身を隠す意味でもガルミミ。ガルガブ対面で龍Zor剣舞ドヤ読みしたら地Z飛んできた。次のターンアイへで怯んで、かつそのターンのミミッキュにカグヤが後出しされてこなかった為裏読みをバシャにしてカグヤで詰んで負け。多分ラス1対面は悪波で一回怯んでも波乗り圏内には入ってなさそうでしたよね。

簡単な裏側の思考です。
あれだけ言っといて負けたのは恥ずかしいし真剣なバトルだっただけに素直に悔しいです。
視聴された方は僕目当てでは決してないでしょうが楽しんで頂けたなら幸いです。ありがとうございました。

・はじめに
こんにちはわいたです!今期は襷ガルミミの遂行範囲に注目し、そこに+αとして起点を作らせないこと、止まる数値受けを抜ききることを意識しました。その中で特に、眼鏡テテフの対鋼以外への圧倒的性能とめざ地を持ったウルガモスの対鋼を起点にしての全抜き性能に魅力を感じて組みました。

IMG_2584

・個体紹介(以下箇条書きです。)

    IMG_2586
ガルーラ 肝っ玉→親子愛
意地っ張り メガストーン
捨て身 グロパン 炎のパンチ 不意打ち
195(116)-192(236)-121(4)-×-122(12)-138(140)

既存の197ガルーラのHを削りSに回した。意識しているのは控えめレヒレだが、今思えば対耐久振りリザYも意識して139ないし140に伸ばしても良かった気がする。技構成は素グロパン込みで楽に残飯ガルドを落としにいける炎のパンチ→地震も一考。その場合は対カグヤやナットをもう少し厚くしたい。耐久火力抜き性能先制技と申し分ないポケモンだった。


       IMG_2587
ミミッキュ 化けの皮
意地っ張り ミミッキュZ
影撃ち じゃれつく 呪い トリックルーム
151(164)-140(140)-122(172)-×-126(4)-120(28)

ギャラ、ポリZ、バトンバシャ、ゴーリ、受けループの崩しの起点など、展開・ギミック系のパーティーに対して崩されない(受けループは崩す)ように採用。ミミッキュという個の性能としてはこの技構成では弱いが、パーティーの薄い部分の穴埋めとしてこのポケモンは必要不可欠であった。151-124でも151-122でもメガバシャのフレドラの乱数は動かないのでABミミのミラーに勝てるようにその分をSに回した。活きた試合は実際あったので悪くない選択だったと思う。


gyarados-mega
ギャラドス 威嚇→型破り
陽気 メガストーン
滝登り 氷の牙 竜舞 挑発
171(4)-207(252)-129-×-150-146(252)

裏メガ。マンダに弱くないこと、ウルガとの相性、カバやその他物理受け(ムドークレセ)に強く出られることを意識した挑発持ち。最初は飛行Zで使用していたが、メガ進化による耐久の上昇が欲しかったことやウルガモスの持ち物がスカーフ→Zになり、Z被りを避けることもありメガで使用した。メガゲンコケコロップ辺りは重いので陽気。火力不足に悩まされることはあまりなかった。


   volcarona
ウルガモス 炎の体
控えめ ノーマルZ
火炎放射 破壊光線 めざパ地面 蝶の舞
161(4)-×-85-205(252)-125-152(252)

積んでおけばマンダリザギャラ問わずZ技で突破できる。基本的にはゲッコウガやギャラの挑発から展開したい。今期は最終日手前くらいまではアーゴヨンが多いことに伴ってか、ヒードラン入りのサイクルが非常に多かったのでこのガモスが通しやすかった。鋼さえ崩せば裏のテテフが相手は受からない。最終日はドランがほぼ消えた印象を受けたこと、めざ氷を切った相手の行動が多々あったことから草Z+めざ氷の選択もありだったかもしれない。ステルスロックを覚えたポケモンが減り、撒いてくるとしたら襷ランドかカバマンダのカバくらいだったので、そこに対しては後述のゲッコウガの挑発で上手く阻止できる。ステロっぽいポケモンがいても選出できたのが非常に使い勝手が良かった。

   IMG_2589
ゲッコウガ 変幻自在
臆病 気合いのタスキ
水手裏剣 冷凍ビーム 悪の波動 挑発
147-×-87-155(252)-92(4)-191(252)

起点を作ることには向いていたが、やはり火力が低く悪波手裏剣でグロスが乱数なのが特にきつく、単体性能としては疑問が残る。グロスレヒレグロスアシレガルドコケコなどが終盤多く感じたので悪波+ダスシュは面白そう。選出率は8〜9割はあって毎回それなりに活躍はしていた。このポケモンはボーマンダに対して唯一確実安定に勝てるポケモンなのでマンダ入りにはそこを意識する。カバマンダ+毒ガルドは秒で勝てるのが強かった。


     IMG_2588
カプ・テテフ サイコメイカー
控えめ こだわりメガネ
サイキネ ムンフォ 気合玉 シャドボ
175(236)-×-107(92)-187(156)-136(4)-118(20)

ABミミや眼鏡テテフミラーでS勝負に制す為に少しよくある配分からBを削りSに回したが、メガガルの意地捨て身が25%だったり12振りミミと同速だったりで中途半端さが目立つ配分になってしまった。いっそCを削ればよかったと思うが圧倒的火力によるゴリ押しが眼鏡テテフの醍醐味でもあると思うので難しい。無効にされないこと起点にされないこと(ギャラやゲコがいたらサイキネを撃たないなど)、鋼には最悪止められてもウルガを投げればいいことを考えてあまり無理のない技選択を心がけた。しかしスカーフっぽいランド+ナットorドランのようなウルガで抜きづらい並びが見えたらとんぼ読み気合玉も一考。

・選出
誰を通すのか、また崩すならどこから崩すのかを意識しました。
状況次第ではウルガ+ミミやガルーラ+ギャラの選出も柔軟に行いました。
対ステロ+展開系には必ずゲコから
対受けループはミミ+ギャラ+1
これ以外はパーティーを見て、ということになります。

・重いポケモン
HDポリ2…電磁波持ちはマジで無理すぎる。
キノガッサ…一体は基本やられる。
カビゴン+物理受けorステロ要員…挑発しても正味って感じ。ステロから欠伸で展開するランドカビ+1は本当にきついしほぼ勝てなかった印象を受ける。
ミミッキュ…舞わずにミミッキュを一撃で倒せるポケモンがいない。その為、霊ZとミミZを見分ける必要がある。基本的にはギャラやバシャの通りから判断してABは見分ける。
吠えるスイクン+鋼…固いし熱湯火傷あるし起点にできないしテテフでも裏の鋼で潰しが効かない。鋼に引かせてガモスで積むのが流れとして綺麗だが裏にスカーフランドあたりがいたらまず無理。


・おわりに 
USM発売後初めてのシーズンで久しぶりの2100を達成できたこと、2080〜2110の間で15戦ほどこなせたことは素直に嬉しいです。来期は次の目標である2130を目指したいです。
質問等ございましたらコメントもしくは@poke_waitaまでお願いします。
最後までお付き合い下さりありがとうございました。

TN:わいた
最高2111 最終2066
サブロムも調整する中で2000は達成しています。
IMG_2585
IMG_2583

・QRパーティー


スペシャルサンクス
ウルガモスを貸してくれたあまみやぽけ

こんばんは!s4お疲れ様でしたわいたと申します。かねてより待望の2100……には到達できなかったのですが何人かから希望を頂いたので拙い文章ですが筆を取らせていただきます。筆と言ってもパソコンなんですけどね笑

<パーティー>

<構築経緯>
今期の終盤は耐久にまわした噛み砕くメガギャラドスに注目していました。そこでギャラドスという微妙な火力のポケモンをステロで補佐しつつ相手のステロ展開は容易にはさせないようなポケモンとして初手に置けるマンムー、この並びで積みを展開していくに当たって2枚目のエースとなれるウルガモスの順に採用しました。ですが、ここまでではガッサやブルルドヒドイデを初めとする諸々の草絡みの並びに勝てないこと、ガルーラに対して起点を作り削りを入れて行けることなどを意識してゴツメジャローダを入れました。ここまでではなんだかんだ高火力で押し切られる、一発耐えられて返しの攻撃で落とされるなどの事態が発生してしまうことがおおいにあったので裏の2枠にクチート+起点兼再展開要員として光の粘土をもった壁トリルクレセを採用しました。これにより明らかに上から潰しを効かせてくる相手への切り返しと行動保証、ミミッキュテテフへの最低限の抗いの要素を盛り込みました。

<個別解説>
ただ、この並び自体は悪くないと思いますが構成に関しては今思えば失敗が多く自信が持てるものではありませんので課題点を挙げながら叩き台という形にしたいと思います。
(その方が格好良い気がするので敬体略)







クチート@メガストーン  意地っ張り
じゃれつく.炎の牙.不意打ち.剣の舞
157(252)-172(252)-145-×-116(4)-70 

特に特筆すべきこともないテンプレ。
炎の牙と剣の舞を持つことで鋼とナットレイを見る。ヒードランやドヒドイデに打点がないのでいるだけで裏選出が強要されるのが辛かった。Dに4回しているのは特殊からの乱数が変わる為。








クレセリア@光の粘土  図太い
リフレクター/光の壁/トリル/三日舞
227(252)-×-189(252)-×-150-106(4)

案は下記より拝借しました。
Zだなんだだと言われても受けようとさえしなければこのポケモンの後出し、展開性能は非常に高く、両壁トリル→クチートに三日舞全部打てるパターンも多々あった。壁を貼る時は相手の後出しでクレセがワンパンされないことを意識してリフか光の壁を選択する。









ジャローダ@ゴツゴツメット  臆病
リーフストーム/めざ岩/リフレク/挑発
175(196)-×-115-110(116)-115-173(196)

別の方の配分を使わせて頂きました。
簡単に言うとリザウルガを許さないゴツメジャローダ。本家では光合成が採用されていたが、こちらは借り物で光合成を覚えていなく、またパーティー的にもサイクルを回すことより展開することを意識したので挑発を優先。このポケモンとクチートで炎を誘いギャラで抜いていくイメージだが相手の炎枠がリザYやウルガだった場合このポケモンを通す選択もできる。メガボーマンダが初速から早いのでORASよりは使い勝手が難しくなったと感じる。








マンムー@気合いのタスキ  陽気
氷の礫/地震/岩石封じ/ステルスロック
185-182(252)-101(4)-×-80-145(252)

後述の抜きエースであるギャラウルガが相手のギャラに弱いことや初手リザから展開されるパターンを避けたい為岩石封じを選択。これにより思わぬ起点は回避できる。このポケモンを採用した理由は見かけ上他のステロ撒き地面に強く、先制技+ステロで対面と裏の全てのタスキの芽を潰せる為。










ギャラドス@メガストーン  陽気
滝登り/噛み砕く/竜舞/挑発
189(148)-197(172)-129-×-150-137(188)

全幅の期待を寄せていたポケモン。耐久も高い威嚇撒きの積みエースとして非常に扱いやすかった。特に、クレセの壁三日舞から再展開するような流れを作ってあげると1回目のギャラドスで削ったポケモンでは2回目のメガギャラドスが受からなくなるため一人役割集中の動きもできた。このパターンを想定する場合は安易なメガ進化は避けなければならない。挑発も強かったがジャローダが挑発持ちでかつギャラの起点になるポケモンを呼ぶことやドランやランドを起点にすることを意識して身代わりの方が良かったかもしれない。








ウルガモス@ムシZ  臆病
炎の舞/虫のさざめき/身代わり/蝶の舞
167(52)-×-87(12)
                   -182(212)-126(4)-163(228)

調整は下記よりお借りしました。
単体の性能としては非常に強かったが、このパーティーのギャラドスの裏のポケモンとして置くには型を違えた感は否めなかった。この二枚で突破できない(し辛い)ポケモンを考えるとカプ・レヒレやボーマンダ、並びを考えるとブルルドヒドイデ、ヒードラン+ナットレイなどが挙げられ、それらに対して強く出られるノーマルZ+めざ地or氷、もしくはクサZ+めざ氷等での採用をするべきであったと今では思っている。ただしそのぶん勝てる相手は蹂躙できたので思わぬ負けは少なかった。


<まとめ>

⑴選出
マンムーギャラウルガを基本選出としており、相手の展開が読める場合はそれを挑発でとめにいったり、ウツロイドが入っていてウルガモスがカモられる場合などといったときに他のポケモンを選択で選出を変えていきます。また、ギャラやウルガを先発からだして荒らし、クレセで再展開のような選出もできたため抜きエースを初手から出す動きができたのは選出の幅が広がり戦いやすく感じました。

⑵レート
最高レート2085
最終レート1940くらい
(別のパーティーで更に溶かしました。)

⑶所感
XYシーズン5で2101以降では最高のレートを更新できたのは非常に嬉しかったですがやはり2100まで行けないことに弱さを感じました。また、今シーズンは非常に回線切れが多く、何人もの方に迷惑をかけてしまったことはここにお詫びします…

次シーズンも積みを絡めて上から殴れるパーティーを目指したいと思います。
対戦して頂いた方、ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました!!

↑このページのトップヘ