こんばんは!s4お疲れ様でしたわいたと申します。かねてより待望の2100……には到達できなかったのですが何人かから希望を頂いたので拙い文章ですが筆を取らせていただきます。筆と言ってもパソコンなんですけどね笑

<パーティー>

<構築経緯>
今期の終盤は耐久にまわした噛み砕くメガギャラドスに注目していました。そこでギャラドスという微妙な火力のポケモンをステロで補佐しつつ相手のステロ展開は容易にはさせないようなポケモンとして初手に置けるマンムー、この並びで積みを展開していくに当たって2枚目のエースとなれるウルガモスの順に採用しました。ですが、ここまでではガッサやブルルドヒドイデを初めとする諸々の草絡みの並びに勝てないこと、ガルーラに対して起点を作り削りを入れて行けることなどを意識してゴツメジャローダを入れました。ここまでではなんだかんだ高火力で押し切られる、一発耐えられて返しの攻撃で落とされるなどの事態が発生してしまうことがおおいにあったので裏の2枠にクチート+起点兼再展開要員として光の粘土をもった壁トリルクレセを採用しました。これにより明らかに上から潰しを効かせてくる相手への切り返しと行動保証、ミミッキュテテフへの最低限の抗いの要素を盛り込みました。

<個別解説>
ただ、この並び自体は悪くないと思いますが構成に関しては今思えば失敗が多く自信が持てるものではありませんので課題点を挙げながら叩き台という形にしたいと思います。
(その方が格好良い気がするので敬体略)







クチート@メガストーン  意地っ張り
じゃれつく.炎の牙.不意打ち.剣の舞
157(252)-172(252)-145-×-116(4)-70 

特に特筆すべきこともないテンプレ。
炎の牙と剣の舞を持つことで鋼とナットレイを見る。ヒードランやドヒドイデに打点がないのでいるだけで裏選出が強要されるのが辛かった。Dに4回しているのは特殊からの乱数が変わる為。








クレセリア@光の粘土  図太い
リフレクター/光の壁/トリル/三日舞
227(252)-×-189(252)-×-150-106(4)

案は下記より拝借しました。
Zだなんだだと言われても受けようとさえしなければこのポケモンの後出し、展開性能は非常に高く、両壁トリル→クチートに三日舞全部打てるパターンも多々あった。壁を貼る時は相手の後出しでクレセがワンパンされないことを意識してリフか光の壁を選択する。









ジャローダ@ゴツゴツメット  臆病
リーフストーム/めざ岩/リフレク/挑発
175(196)-×-115-110(116)-115-173(196)

別の方の配分を使わせて頂きました。
簡単に言うとリザウルガを許さないゴツメジャローダ。本家では光合成が採用されていたが、こちらは借り物で光合成を覚えていなく、またパーティー的にもサイクルを回すことより展開することを意識したので挑発を優先。このポケモンとクチートで炎を誘いギャラで抜いていくイメージだが相手の炎枠がリザYやウルガだった場合このポケモンを通す選択もできる。メガボーマンダが初速から早いのでORASよりは使い勝手が難しくなったと感じる。








マンムー@気合いのタスキ  陽気
氷の礫/地震/岩石封じ/ステルスロック
185-182(252)-101(4)-×-80-145(252)

後述の抜きエースであるギャラウルガが相手のギャラに弱いことや初手リザから展開されるパターンを避けたい為岩石封じを選択。これにより思わぬ起点は回避できる。このポケモンを採用した理由は見かけ上他のステロ撒き地面に強く、先制技+ステロで対面と裏の全てのタスキの芽を潰せる為。










ギャラドス@メガストーン  陽気
滝登り/噛み砕く/竜舞/挑発
189(148)-197(172)-129-×-150-137(188)

全幅の期待を寄せていたポケモン。耐久も高い威嚇撒きの積みエースとして非常に扱いやすかった。特に、クレセの壁三日舞から再展開するような流れを作ってあげると1回目のギャラドスで削ったポケモンでは2回目のメガギャラドスが受からなくなるため一人役割集中の動きもできた。このパターンを想定する場合は安易なメガ進化は避けなければならない。挑発も強かったがジャローダが挑発持ちでかつギャラの起点になるポケモンを呼ぶことやドランやランドを起点にすることを意識して身代わりの方が良かったかもしれない。








ウルガモス@ムシZ  臆病
炎の舞/虫のさざめき/身代わり/蝶の舞
167(52)-×-87(12)
                   -182(212)-126(4)-163(228)

調整は下記よりお借りしました。
単体の性能としては非常に強かったが、このパーティーのギャラドスの裏のポケモンとして置くには型を違えた感は否めなかった。この二枚で突破できない(し辛い)ポケモンを考えるとカプ・レヒレやボーマンダ、並びを考えるとブルルドヒドイデ、ヒードラン+ナットレイなどが挙げられ、それらに対して強く出られるノーマルZ+めざ地or氷、もしくはクサZ+めざ氷等での採用をするべきであったと今では思っている。ただしそのぶん勝てる相手は蹂躙できたので思わぬ負けは少なかった。


<まとめ>

⑴選出
マンムーギャラウルガを基本選出としており、相手の展開が読める場合はそれを挑発でとめにいったり、ウツロイドが入っていてウルガモスがカモられる場合などといったときに他のポケモンを選択で選出を変えていきます。また、ギャラやウルガを先発からだして荒らし、クレセで再展開のような選出もできたため抜きエースを初手から出す動きができたのは選出の幅が広がり戦いやすく感じました。

⑵レート
最高レート2085
最終レート1940くらい
(別のパーティーで更に溶かしました。)

⑶所感
XYシーズン5で2101以降では最高のレートを更新できたのは非常に嬉しかったですがやはり2100まで行けないことに弱さを感じました。また、今シーズンは非常に回線切れが多く、何人もの方に迷惑をかけてしまったことはここにお詫びします…

次シーズンも積みを絡めて上から殴れるパーティーを目指したいと思います。
対戦して頂いた方、ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました!!

お久しぶりです、Yたです。
今回は折角予選抜けできたということで書きます笑
多分対戦レポも書くと思います。

↓使用パーティーはこちらです↓
image


結果
予選7-3 (キュウコンブロック一位抜け)
決勝トーナメント1落ち
計7-4
勝敗数で見るとアレですね笑


個体紹介

クチート 威嚇→力持ち 意地
@クチートナイト
157(252)-150(252)-105-×-76(4)-70
157(252)-172(252)-145-×-116(4)-70
じゃれつく 叩き落とす 不意打ち 剣の舞

HAぶっぱ。
S14で初めて使用したポケモンだったが、高い火力と良い耐性、先制技に積み技持ちととても使いやすかった。
後述のゴツメギャラ、スカーフサザン等との相性も良かった。
しかし、メガ前の特殊耐久が低く、かつメガ後は威嚇が無くなってしまうので、俺の腕ではサイクルには向いてないと感じた。
なので、今回のパーティーは通ってるポケモンを通すことを目的としている。
取り巻き的に剣舞できるタイミングは多そうだったのでこの構成。

ギャラドス 威嚇 腕白
@ゴツゴツメット
197(212)-145-144(252)-×-120-107(44)
滝登り 氷の牙 電磁波 挑発

Bぶっぱで、Hを16n-1.Sを4振りクレセ抜きに振り分けた。
ピクシーやトリル乱舞、バシャバトンをこいつの挑発(バトンは電磁波→挑発)で止めるつもりだったが、昨日の負け試合4つはペンドラーの加速鉄壁バトン→ピクシー、クレセのガルへのトリル乱舞、バシャバトンからの珠ボルト×2とクソ雑魚だった。
こうなるとクチートの相方ゴツメは悪戯挑発+クチートサポートの電磁波を持てる化身ボルトだというのはとても頷ける。
ただし、特性の威嚇や特殊耐久は非常に優秀で、特に昨今流行りのカバルドン入りには立ち回りやすかった。
クチート入りを使うなら技構成はこれが一番いいと思う。

サザンドラ 浮遊 控えめ
@拘りスカーフ
167-×-110-194(252)-111(4)-150(252)
竜星群 悪波動 放射 大地の力

CSぶっぱ。
#CSメガゲンでサザンに突っ張るな
S14で数多のメガゲンを葬り去った天才。
全然警戒されない。
ガルーラ等を考えると気合玉は欲しいのかもしれないが、70%は怖くて使えないのでこの構成。文字も85%が怖いから放射。
レートでは異常とも言えるくらいの活躍を見せたが、オフでは1度も出す機会に恵まれなかった。

ゲッコウガ 変幻自在 無邪気
@命の珠
147-147(252)-88(4)-123-81-191(252)
水手裏剣 ダストシュート 冷凍ビーム 悪の波動

ASぶっぱ。
ダストシュートさえ当ててればめちゃ強いポケモン。鬼火みたいに当てても怪しい85%は嫌いだが、当たれば勝てる85%は多少リスクを負ってでも使う価値を感じた。
また、ガルドやゲンガーに撃て、ワンチャン怯みや後続からの不意打ちの被ダメを減らせる悪波は火力が多少低くても強いと思うが、撃つべき相手が勝手に引いていき、後続への負担がかからない冷ビは微妙だった。
その為、他をボルトに厚くして、ガルーラドランナット等に強いけたぐりを入れる方が強いと思う。

ウルガモス 虫の知らせ 控えめ
@ラムの実
175(116)-×-92(52)-
188(124)-134(68)-139(148)
大文字 さざめき 蝶の舞 身代わり

ウルガモスに関しては とろ〜さんの原案を参考にさせて頂きました。
原案をCDをそれぞれ1下げて2nにし、Sを上げた。
これにより、+1メガバシャやスカーフ80族.準速ロトム等に見られる最速135族抜きのラインを抜くことができる。
特に、このパーティーでは相手から見たら陽気タスキ封じかもしれないガッサや、ゲッコウガがいる為、相手からするとメガライボやメガロップは出したくなる。はず。
とろ〜さんが挙げてるポケモンのダメ計も同じのまま。のはず。
予選ではこのポケモンが2回3タテをかました。

キノガッサ テクニシャン 意地
@気合いのタスキ
135-200(252)-101(4)-×-80-122(252)
マッハパンチ 種マシンガン 胞子 岩石封じ

スイクンに強く、ガルーラを削れ、その他色々なところをタスキで誤魔化すことを見込んで最後に入れた。
実際は耐久が低いくせに素早さもない、このパーティでは扱い辛いポケモンだった。
恐らく、ここをスイクンに強く、ガルーラを削れてかつ相手のバトンからのボルト展開に対して10万を撃つことを躊躇わせられるようなポケモンに変えたほうがいい。


基本選出
俺自身パーティー構築上手くないのでこの選出は強い!っていうのは無いです。
ただ、レート等全体でゲッコウガの通りは非常に良かったと思います。ダストシュートは持ってたらしゃーないみたいな人が多く見受けられました。


重いポケモンや展開
・バシャバトン→ボルト.ピクシー
・スカーフでゲッコウガをワンパンしつつ起点にならないポケモン(特にボルチェン持ちのミトムやレボルトなど)
・小さくなる展開
・ガルーラ(秘密のパワー)
・トリル乱舞→ガルーラ.ニンフ
・ボルトロス(珠)

まとめ
元はS14の終盤に使用したメガクチート+ゴツメギャラ+スカーフサザンの三体から組み始めたパーティーでした。
今回は久しぶりに勝てるパーティーだと思って完成させたのですが、電気重すぎるし、ガルーラにも不安定で、バシャバトンに至っては忘れてたのでまだまだ詰めが甘いと感じました。
ただ、これを基にしたパーティーならワンチャンあるかもしれないので皆さん良かったら改良して出来たのを俺に下さい笑

読んで下さってありがとうございました〜!

こんばんわ!!!Yたです(Y_Y)
今回は初めて九尾杯に参加させて頂きました。

使用パーティーはこちら
2015-02-15-20-56-04



勝率
予選6-1で6位・決勝トナメは3勝からの準決負け、3決不戦勝?の3位です。(ラッキー)
ちなみにレートでは10-2で1750→1890みたいな感じです。九尾杯当日と同じようなもんですね。

準決で勝ってればあの増田さんに会えたらしいから悔しい

また別に対戦レポみたいのも書こうと思ってるので話はこのくらいにして個体紹介していきたいと思います。

個体紹介
(メガ)ヘラクロス 根性→スキルリンク.意地
@ヘラクロスナイト
168(100)-192(↑236)-99(28)-×-(4)-123(140)
168(100)-258(↑236)-139(28)-×-(4)-113(140)
インファ.ミサイル針.ロクブラ.種マシンガン

A…クレセへの乱数が変わるラインまで。ビルドを入れる、もしくはガルーラの猫捨て身を耐える、というとこまで振らないのなら絶対欲しい火力。
B…メガガルーラの捨て身最高乱数切って耐え
S…非メガで意地ガッサを抜け、メガ後はこご風でガブ抜くスイクン抜きだと思っていた。相手のスイクンもそしたらS113やーんwwwて感じでした はい。
今回のパーティーの唯一のメガ枠。
元々はトノグドラの補完?として突っ込んだポケモン。
今回の大会でも選出数は10/11と最も高く、倒した相手のポケモンの数も一番多い。ただし、相手の行動読んでクレセにインファ打ったりスイクンにロクブラ打ったりしなきゃいけないの辛かった。よくいる地震のやつじゃなくてインファなのは、ポリ2やナットに隙を見せたくなかったから。多分地震のが強い。 ツイートもしてるけどロクブラ外しすぎ
もしこのヘラクロスを作るなら、Hを削ってSに1か2振って下さい!1振ればメガ前でこご風一回でガブ抜きのスイクンを抜けて、2振れば最速バンギを抜けます。一応3振ればメガ前最速バンギ抜きでメガバンギに電磁波入れるサンダーもメガ前なら抜けますが、そこまでいくと耐久がかつかつなので、それ以上回すのならいっそASベースでいいと思います。

ガブリアス 鮫肌.陽気
@拘り鉢巻
183-182(252)-116(4)-×-105-169(↑252)
逆鱗.地震.岩雪崩.毒突き

ASぶっぱ
超↑久しぶりにガブリアス使った。強かった。あまりにも相手のメガガルーラが辛かったのでトノグドラ抜いたときに後述のアローと共に入ってきた。逆鱗+急所逆鱗で運勝ちを引き寄せてくれたからやっぱ主人公なんだなぁ…選出数は8/11で二番目。クレクチに出したいんだから意地っ張りにすればよかったと思うけどガルーラの冷パンで倒れるのもなーと思って結局陽気にした。結果としてガルーラ入りには一回しか当たらなかったし出されなかったから意地のが良かった。でも霊獣ボルト抜きたいし…難しいところですね。

ゲッコウガ 変幻自在.無邪気
@気合の襷
147-149(252)-86-123-81(↓)-191(↑252)
水手裏剣.ダストシュート.岩雪崩.冷ビ

ASぶっぱ 本当にASにしか振られてねえ…
元々はカバリザニンフィアやマンダ、襷ガブ対策として入ってきたポケモンの為、岩雪崩、ダスシュ、冷ビ、手裏剣となってるが、クチートやクレセに打点が無くて本当に弱かった。多分襷持つことでクチートやらボルトやらガブやらバシャやらスイクンやらに強いポケモンのが良い。マンムーくんが最良なのかな。
選出数は3/11。

ファイアロー 疾風の翼.意地
@命の珠
153-146(↑252)-92(4)-×-89-178(252)
ブレバ.フレドラ.追い風.挑発

ASぶっぱ3体目
追い風ヘラがしたかった…実際はボルトとかガルド、クチートか多すぎて無理だった…アローとかボルトとかスイクンとか重いし本当はGTS産穏やかサンダーつかおうと思ってたけどめざ氷でもないしガルーラとかいうやつに雪崩で怯まされた瞬間負けるからこいつにした。トルネロスも考えていたがガルドへの打点、上からのブレバによる絶対的削りを優先した。とはいえ、決勝トナメではよく活躍してくれたし結果オーライ。選出数は5/11で、さりげなく出した試合全部勝ってる。その内追い風したのは2回だから、命の珠、という火力up持ち物の選択肢は実にマッチしていた。

エンテイ プレッシャー.陽気
@食べ残し
209(148)-137(16)-106(4)-×-110(152)-158(↑188)
※Aがu.Dが22とかの非理想
聖炎.毒々.身代わり.守る

H…16n+1
D…身代わりがクレセのサイキネを結構耐える
S最速ランド抜き
B<D
パクリです。参考はこちらです。
舞えないパンダはただのパンダ.龍星氷炎雨
好きなブログの一つ!(媚売り)ということは置いといて、本当にこのポケモンはいい活躍をしてくれた。プレッシャー+身代守の力は絶大だったし、聖なる炎の火傷率は多分100%。選出数は3/11だが、出せる場面はもっとあった。なんでクチクレセに出さなかったんだ…

ポリゴン2 トレース.図太い
@進化の輝石
191(244)-×-156(↑252)-126(4)-116(4)-81(4)
放電.冷ビ.毒々.自己再生

HBぶっぱ
弱かった。選出数4/11。いっそクレセにした方が潔かったかもしれない。準決で急所貰ったのもこいつ。放電は信用できません。


基本選出
決まってないですが、ヘラはほぼ出します。あとは追い風るなり放電で麻痺らせるなりしてヘラを殴りやすくさせてあげましょう。

重いポケモン
相手のクチート(特にクチクレセ).スイクン,ガルーラ.ボルトロスがきついです。実際に負けた試合ではメガクチとHDアローに負けました。

まとめ
メガヘラとエンテイとガブが強いパーティーでした。このパーティーは身代わり等を持ってるのはエンテイだけで、タイプ受けも数値受けもし辛いので、急所を貰うと瞬間負けます。ただ、今回は九尾杯、という少ない試合数で勝ちが決まる大会だったので急所を引かないことを祈って戦ってました。実際有効急所を貰ったのも準決勝だけだったのでそこは上手く噛み合ったと思います。エンテイ+ヘラ+ガブ+追い風要員の並びは強いと思うので、良かったら皆さんもここから広げてみて下さい!個人的には物理を受けて三日舞もできるクレセか追い風+癒しの波動ができるラティアスがいいと思ってます。


今回も読んで下さった方々、ありがとうございました!!!!

キツネさん運営お疲れ様でしたm(_ _)m
マジで楽しかったので皆さんも参加してみて下さい!
ただ、正直優勝したかったですね。準決勝焦ってプレミしちゃいましたからね…決勝の相手も勝てない相手では無かったですし、そして何より自分が勝ったことで敗退してしまった方に対して不甲斐ないというか…
サッカーや勉強でもこんくらい本気になれたら良かったんですけどね笑
これから対戦レポ書きます。

こちら対戦レポートです。
予選編
決勝トーナメント編

↑このページのトップヘ